ホワイトニングの方法

ホワイトニングの方法

歯科でホワイトニング治療が行われるときには、汚れをとろうとする歯に薬剤を塗ってから紫外線の光を当てることになります。
歯科としては虫歯の治療を行うような普通のクリニックと同じで、おなじみの治療台に乗って治療を受けます。
治療台に抵抗がある人もいるかもしれませんが、ホワイトニングでは痛みがあるような治療は行われないので安心してください。
ただ、人によっては歯茎に違和感を感じることもあるといいます。
きれいな歯を手に入れるためには、我慢できる範囲です。
治療中には、白くする歯の前面に光線が当たるように口をあけていなければなりません。
自力で口を大きく開けたままにしておくのは大変なので、装置を付けて口を開いた状態にします。
口の中が乾いてくるように感じるでしょうが、ホワイトニングの治療は20分くらいで終わるのでこらえてください。
紫外線を目に浴びてしまわないように、目にはメガネを装着します。
そのメガネはDVDが見られるようになっている特別製で、画期的な体験ができますよ。
内容は、楽しい映画などが多いようです。
治療は1回で終わることは少なく、3回程度通うことで効果が見えてきます。
人によってはそれほど歯が黄ばんでいないこともあるので、1~2回でも効果を実感できるかもしれません。
芸能人のような白い歯を保ちたければ、定期的にホワイトニングに通うことが必要です。
生活していれば当然歯が黄ばんでくるので、数ヶ月に一度くらいは通うと効果抜群です。