歯科ホワイトニングの治療種類

歯科ホワイトニングの治療種類

ホワイトニングには自宅ケアと歯科でのケアがり、どちらにも良し悪しがあります。
どちらにしようか迷ったら、まずは歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。
歯科で行われているホワイトニングはオフィスホワイトニングといい、強力な薬剤や紫外線を発する機械を用います。
基本的なのがティースホワイトニングで、歯に薬剤を塗ってからハロゲンライトを当てます。
歯の中にある色素が分解されて白くなるのですが、他の方法に比べると効果は弱めです。
1回1万円ほどなので、数回の治療を受けると満足のいく結果を得られるでしょう。
アルゴンレーザーを使用したレーザーホワイトニングでは、薬剤の濃度を高めることができます。
治療時間はかかりますが、効果は抜群です。
ただしアルゴンレーザーは機器事態が高いため、キセノンレーザーという機器を使っている歯科も少なくありません。
これもスピード治療が可能で、効果も高いのが特徴です。
リン酸やフッ素、ハイドロキシアパタイトを配合した薬剤を用いるFAPホワイトニングは、思ったほど効果を感じないという人もいます。
簡単に挙げただけでもこれだけの種類があり、まだまだホワイトニングの治療法は進化していきそうです。
内容や効果、料金を検討して、ホワイトニングの治療法を選んでください。