痛みのないホワイトニング

痛みのないホワイトニング

現在では歯科に技術が格段に進み、従来は痛いのが当たり前だった歯科治療を無痛で行うと宣言している歯科も少なくありません。
ホワイトニングは本来痛みがないのが普通ですが、痛みの感覚には個人差があるため、痛いと思う人もいるかもしれません。
どこが痛くなるのかといえば、歯茎がほとんどです。
歯の表面に塗布する薬剤が、歯茎にしみることがあるのです。
しかし、もちろん激痛というほどではないので、安心してください。
痛みを感じるという人も、歯茎に問題がある場合があるので、まずはそちらを治療してからにしたほうがいいかもしれません。
いずれにしても、ホワイトニング治療の前に適切な措置を歯科医が施してくれるはずです。
仮に痛みがあっても我慢できるとする人が多いのは、歯が本当に白くなるからです。
かつてないほどきれいになった歯を見て、ちょっとぐらい痛みを感じても我慢しようと思う人が多いのでしょう。
一度ホワイトニングをしたら、その後の生活では歯を汚すようなことは避けるようにしましょう。
ホワイトニングの効果を長持ちさせるには、日々の生活で歯の黄ばみを遅らせるような心がけも大切なのです。
歯科でホワイトニング治療を受けた後は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉でしっかりと歯を磨きましょう。
汚れがつきやすい飲み物を飲んだ後も、早めに歯磨きをすれば白さを保つことができます。