歯科ホワイトニングの注意点

歯科ホワイトニングの注意点

通常の歯磨き粉でも、美白機能の備わった商品が市販されています。
しかし、黄ばんだ歯は、市販品の歯磨き粉で簡単に白くできるほど甘くはありません。
どうしても歯を白くしたいと願う人が行き着くのが、ホワイトニング歯科。
ずいぶん数も増えましたが、通院しようと思ったらあらかじめ注意しておきたいことがあります。
ホワイトニングの効果には個人差もあるので、それも含めて考慮しておきたいことをまとめてみます。
まずは喫煙をしている人、タバコを吸いながらホワイトニングの治療を受けるのはナンセンス。
タバコのヤニはどんどん歯の表面を汚してしまいますから、ホワイトニングに通うなら禁煙を考えましょう。
虫歯がある人も、治療して歯茎が健康な状態でホワイトニングをする必要があります。
なぜなら、薬剤が歯茎にしみる可能性があるからです。
薬剤は歯の表面に塗るのですが、歯茎にも浸透するかもしれません。
中には、ホワイトニングの薬剤によってアレルギー症状を起こす人もいるかもしれません。
あらかじめ医師から確認されるはずですが、万全な体調で臨むようにしてください。
人工の歯や金属の歯には、ホワイトニング薬剤は効き目がありません。
また、治療直後には色のつかない食事をしないように要注意する必要があります。