妊娠初期と生理前の兆候は違う?

初めての妊娠では、その兆候が妊娠なのか生理前の兆候なのか区別がつきにくいものです。
食欲がなくなったり逆に旺盛になったり、だるくなってきたり、気分が違ってきたり、
下腹部が痛むのも、生理前によくあります。 レビトラ正規品の購入

 

そのため、妊娠に気付かずにしばらく過ごしてしまう人も多いのです。
ところが、妊娠と生理では細かな兆候の違いがあります。
事前に知識を得ておけば、その違いに気付けるでしょう。
代表的なのが、匂いについての感覚です。

 

 

妊娠すると極度に匂いに敏感になる傾向があります。
吐き気がしたり、酸っぱいものを欲したりする人もいて、
これは妊娠初期に見られるつわりの症状かもしれません。

 

つわりの症状は誰もが同じとは限りませんが、
明らかな症状が現れたら、妊娠を疑ってみたほうがいいでしょう。

 

 

また、生理前に食欲が出てしょうがないとう女性は多いものですが、
妊娠すると食欲がなくなることのほうが多くなります。

 

安定期に入れば食欲旺盛になることが多いのですが、
つわりが起こる妊娠初期には食欲を落としてしまう人のほうが多いでしょう。

 

出血し始めるとやはり生理だったかと思うでしょうが、実は妊娠初期にも出血することがあります。
量や期間は生理のときより少ないのが妊娠初期の特徴ですが、判断に迷うかもしれません。
体温がずっと高温のままなのも、妊娠初期の特徴として有名です。

生理が遅れたら妊娠?

生理の日程は、必ず何日おきにくるというものでもありません。
周期が大体安定している人でも、数日くらいの差があってもおかしくありません。

 

ちょっとしたホルモンの乱れによって周期がくずれてしまうかもしれませんから、
なるべく決まった間隔で生理がくるように体調を整えておくことが大切です。

 

生理が遅れると、とたんに妊娠かもしれないと疑う人もいます。

 

 

しかし、妊娠には妊娠なりの兆候がありますから、 精力剤の販売
生理が遅れた以外の点でも何か気になる点がないか考えてみたほうがいいでしょう。

 

現代人はストレスを受けやすく、その影響で心身に負担がかかりやすいものです。
食事が不規則だった、睡眠不足が続いた、ショックな出来事があったというだけで、
生理が遅れるのは珍しくないのです。

 

 

妊娠初期には、微熱が続いたり体がだるくなったり、やたらと眠くなったり、
胸部にハリや痛みを感じることがあります。

 

どれも生理前に起こる兆候と思うかもしれませんが、日が進めば妊娠初期ならつわりも起こってきます。
生理が遅れて2ヶ月たってもつわりがこないようなら、
妊娠よりも生理不順を疑って病院に行ったほうがいいでしょう。

 

人によって妊娠の兆候は違うものですが、早く結果を知りたければ、
ドラッグストアにも販売されている妊娠検査薬を利用するのも手です。